二〇〇九年の年が明け
 舞台にも篝火を灯します。
 これから始ります新春の舞
 どうぞごゆっくりお楽しみください。
 ---
 ただいまより
 二〇〇九年 新春奉納舞のため、有志による連続投稿が行われます。
 一時板を占めます事を御容赦くださいませ。


日名つぐみ(1B)@真方
往古来今慈しむ月輪の許
始の息吹を紡ぎださんと
年賀に奉ぐは 廻る季節十五の舞
幕上がり役者も揃いて いざ開宴



桐生千彰(1A)@へらり
 
新 春 奉 納 舞 二 ○ ○ 九
 
雪代の光湛えし 我が弓で
凍雲射抜きて 春光呼ばん
生命の芽吹き 照覧せよ朧月 
開花を誘うは 初春の夢・一ノ舞



辻谷華子(3B)@らじ
花咲き誇れと 鳴らすは錫杖
麗らかなりし 朧月夜に
東風の桜舞は 清明の雪が如し
盛花に笑むは 仲春の夢・二ノ舞


笹宮愛花(3A)@眠子
恵風を纏いし 我が双扇で
百の疫災祓い 千の祝花を贈らん
朧月へ捧ぐ花時雨 万の言霊の如し
散花に偲ぶる 晩春の夢・三ノ舞


常磐朱鷺子(3A)@rose
梅雨を断ち切り いざ、参る
照らす太陽 奔放な灼熱に
己の情熱を持ち参りたれば
我渡安堵斬り拓くは初夏一ノ舞



時短亮太(3A)@せりな
拓かれし蒼穹は雲纏い
地を灼く熱気が空をも烟る
錫杖の音高く 呼ぶは南風 一陣の涼
瞬く清新 盛夏二ノ舞



高海夏樹(2C)@湧水
影縫いつける蒸暑 澄明なる空の青
夏夜の瞬きは緩緩と弓形に移ろう
心身壮健なれと 引く手に祈り込め
残夏三ノ舞 勇壮と天を射抜く



相田祈里(2A)@あか
白帝降立ち 蒸す青草
金香を陰に醸し 蟷螂礼せば
賛歌は夜天に澄渡り 愈愈豊熟開闢す
新涼至りし 立秋の舞



北岡エコ(3B)@シュイチ
佳宵伴い 萩零れむ
渓泉の菱紅葉ゆらう金風に
玲玲厳たる鳴謝を奏で 豊麗慶すは
秋蝶想いし 白露の舞



藤丸 薫(3B)@エヌ
頬撫づる風 疾く冷まじ
山々の黄金化粧を浚い往く
蟋蟀は歌声潜め 豊穣の宴に幕引き
寂寞訪う 秋霜の舞



神流稔貴(3B)@人参
冬将軍の訪れ 随伴するは
恵みの大地を覆い隠す白き花
冷徹なる自然へ抗うがため矢を放つ
気概を示すは冬一の舞



長柄景虎(3A)@天
ほとばしる氷の息吹
万物皆凍て付く眠りに落つる時
その安息を守らんがため
祓い続けるは冬二の舞



木戸ひまり(3A)@ままこ
冬将軍の進撃進み
荒れ狂う白銀の下耐え忍ぶ命
微かな息遣いを身にまとい
天に祈るは冬三の舞



早乙女 旭(3A)@エン
夢うつつ 凜と響くは環の音
厄を祓いて 迎うる年
芽吹く光華 前途を照らさん
願わくば 幸せであれ 初日ノ舞


相楽瑠華(3A)@ユイ
彼者誰時から 寿ぎ扇ぐは花信風
袖の羽風 迎うる祝月
明の方へ 送り出さむ
願わくば 安穏であれ 初東風ノ舞



捌上桐竹(2A)@宮
澄みゆく天の 煌き宿すは白き剣
淑気を湛え 迎うる初春
振るう一閃 暗愚を断たん
願わくば 晴やかであれ 初空ノ舞


早瀬 暁(3A)@トウキ
 
森羅万象司る日輪に導かれ
迎えましたる新玉の年
再び鎮まる舞殿に 凛と吹き渡るは
明日へ誘う 新しき歳神の未来風
 
--------

日本の四季を崇める十五の舞
お楽しみいただけましたでしょうか
以上をもちまして、
平成21年度新春奉納舞を
閉宴させていただきます

御観覧頂きました皆様にも
新しき歳神のご加護がございますよう…

御静観、誠に有難うございました。



仁科 故(3A)@チホ





















SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO